火曜日のお昼から水曜日の朝にかけては、まとまった雨になる見込みです。【臨時休業中・営業再開は24日昼12時より】

魚の新鮮さは氷で決まる。 美味しく食べるなら必須です。

寒い時期に釣った魚を扱う際には、気温が低いため、魚を新鮮に保つのが比較的容易です。しかし、魚をそのまま放置するのは避けるべきです。以下の点を考慮してください:

  1. 気温と魚の新鮮さ:外の気温が低くても、魚は適切に保管しなければすぐに腐敗のプロセスが始まります。冷気が魚の体温を下げるのを助けますが、氷を使うことでより良い結果が得られることがあります。
  2. 氷の使用:氷は魚を急速に冷やし、細菌の増殖を抑制します。そのため、釣った直後に氷を使うことをお勧めします。特に日中の気温が上昇する可能性がある場合や、長時間外出する予定がある場合は、氷を使用することが特に重要です。
  3. 保管方法:魚は清潔な容器やクーラーボックスに入れ、十分な量の氷で覆うのがベストです。直射日光や暖かい環境から避けることも大切です。
  4. 衛生管理:魚を扱う際は、食品安全の基本原則に従ってください。魚を清潔に保ち、交差汚染を避けるために異なる食品と分けて保管することが重要です。

寒い環境であっても、魚を新鮮に保つためには適切な処理と保管が必要です。氷を使用することは、魚を最高の状態で保つための良い方法です。

魚の鮮度は〆方と氷で決まる。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次