火曜日のお昼から水曜日の朝にかけては、まとまった雨になる見込みです。【臨時休業中・営業再開は24日昼12時より】

昨年の夜勤スタッフの、堤防チヌ釣り釣行をまとめてみました! ぜひご参考に!

目次

2024シーズン

2024.01.20

1月8日に上の写真 型の良いチヌを釣ってから 食い渋りが続いていたのですが

昨日19日の16時頃から竿を出し 2匹の釣果。

マキエサが残っていたので 今日は朝9時から釣行。

昼すぎまでと時間はかかりましたが4匹ゲット。

江川漁港 今年も楽しめそうです。

2024.01.31

今期の江川漁港 水潮気味の日が多く キビレチヌが多いです。

サシエサを触らない。フグしか来ない。とか・・・。 結構 苦戦しています。

最近では、竿を出す前にマキエサを集魚材で硬めにダンゴにして3~5個投入。

590円と お手頃です。

和歌山県田辺市 江川漁港 チヌ釣り クロダイ釣果

2024/2/1

和歌山県田辺市 江川漁港 チヌ釣り クロダイ釣果
和歌山県田辺市 江川漁港 チヌ釣り クロダイ釣果
和歌山県田辺市 江川漁港 チヌ釣り クロダイ釣果

誰一人おらず、のんびり竿出しできたそうです

2024.02.06

2月4日 17時10分ごろ。

状態の良い 47センチぐらいの黒鯛(チヌ)!

2月は どうしても水温が低下する日が多く

サシエサを触らない・食い込みが悪い と言った状況もありますが

堤防周りには チヌは居てます。

頑張って 楽しみましょう。

2024.02.11

昨年から 気に入って使っている 釣武者の鬼棒馬M3B。

トップの交換ができ、ケミホタル37が装着可能。

見慣れれば サシエサが付いているか・なくなっているか

海底をひこずっている感じが分かるように思います。

2月9日の釣果は

15時15分に 黒鯛(チヌ)45cm。

16時02分に キビレチヌ42cm

2024.02.12

2月11日 9時頃から竿を出すも アタリ無し。サシエサもそのまま。

休憩を入れて13時の干潮から再挑戦。

しかし ウキに気配がない。足元に小さいフグがウロウロ。

たまに あちこちでボラが飛び跳ねる。

何でもいいから竿を曲げたくなって ハリスに鉛をかまさず、

ウキ下も底を切って マキエサの中を漂わせると

こいつ!!!。

今季初の ボラでした。 諦めて15時納竿。

2024.02.22

30センチと小ぶりながらも 今季初のグレ。

久しぶりの釣行。 本日は11時30分から。

ひとエサから この子が遊びに来てくれ、期待を膨らませ

2投3投と繰り返すも 来てくれるのはアカメフグ。

潮に乗せて沖を攻めるも エサを取らず。

手前を攻めると フグ・フグ・フグ。

15時にて納竿。 2月の堤防釣りは難しいです。

2024.03.02

よく遊びに来る この子。

オキアミを2・3粒食べては何処かへ飛んで行き、しばらくするとまたやって来る。

3月1日 16時25分。

ここ2回ほどは 釣果が無かったのですが

強風の吹く中 いつもより遠投気味での 一匹。

2024.03.06

ボラのアタックが多くなってきました。

魚とのやり取りを楽しむのにはもってこいですが、腕が疲れます。

サシエサを十分に底に這わせれば かわす事ができます。

3月6日 13時32分  まずまずの魚体です。

2024.03.07

3月7日15時35分

今期1・2を争う良型チヌ。 50cmにはとどいてなさそう。

でも、重量では№1。

この体高とメタボな腹。 とても良く引いてくれました。

2023シーズン

2023/1/22

寒波前に田辺市の堤防にて、チヌ(黒鯛)釣りに出かけた夜勤スタッフ。

夕方、1~2時間程度の釣行だったようですが、キビレチヌ1枚、チヌ(黒鯛)2枚の釣果です。

フカセ釣りで。

堤防のチヌ(黒鯛)は、かなり警戒心が強く、マキエを入れ続けて夢中にさせる必要があるみたいです。

短時間でこれだけ釣れたら楽しそうですね。

2023/2/8

夜勤スタッフ、チヌ(黒鯛)釣りまくりです。  田辺市の漁港にて

絶好調です!!

2023/2/16

夜勤スタッフ 田辺市江川漁港釣行。

少し 渋くなってきて 唇一枚に掛りようやく。

オキアミの頭だけかじるとか ウキに当たりが出ると放すとか・・・。

エサを底に這わしていると 今期初のキス。

そこから少し上げると

ボラに やられてしまいました。

2023/3/8

夜勤スタッフ 江川漁港釣行。

久しぶりの 江川漁港での釣行。

前回は 朝方2時間の釣行で サシエも取らずでしたが

今回は 15時からで

16時過ぎに 待望の一枚。 居付きの物らしく黒い魚体。

これが 綺麗な縦じまのノッコミチヌなら 数釣りも期待できるのですが・・・。

その後、ウキに当たりはあるものの針にのらないパターンが続き

フグか? と思いきや

可愛い 25㎝ぐらいの キビレチヌ。

針を小さくして タナ(ウキ下)を浅くすれば 数は釣れそうだけれど

大物狙いで 仕掛けはそのままで。

すると 17時半ごろに ウキが消し込むアタリが。

合わせると ずっしりとした手ごたえ。 一気に沖へと走り出す。

魚の走りが止まるまで糸を出す。竿のタメを活かして寄せ始める。

再度 突っ込み始めると真鯛かチヌ。横に動き出すとボラ…。

ボラでした。残念。

3月・4月 今年は真鯛の姿を見ることができるでしょうか。

2023/3/12

夜勤スタッフ 江川漁港釣行。

3月9日の夕方に 良い状態のチヌが釣れたので、

今日 11日は朝から江川漁港に釣行。

2時間近く頑張ったものの 気配なく 休憩をはさんで昼過ぎの底潮狙いに切り替え。

1時間ほどマキエを撒いていると ゆっくりとウキを抑え込むようなアタリ。

ウキが消し込むほどの強いアタリではなかったけれど 針は飲んでいました。

綺麗な縦じま模様の 回遊性のチヌ。 そして、15分後に

体高のある メタボなチヌ。 引きの強さはピカイチで、手前に寄せてもなお堤防のスリットに。

50cmオーバーを期待したのですが届かず。

写真でいうと 玉枠が45㎝なので、頭と尾が出るぐらいでないと50cmは超えません。

昨年 釣った年無しチヌが これ。

2023/3/19

16日は 南風が強く いつもとは反対側へ竿を出し

ボラのオンパレード。 5本仕留めたけれど こんな釣りをしていると竿の腰が抜けてしまいそう。

17日は 昼前から雨が本降りになってきた15時過ぎまで。

最近多い 20~30㎝のチヌ(黒鯛)か キビレチヌ。

そして、本命の 乗っ込みチヌ。

お腹パンパンの 重量感マックス。 引き応えも良好。 楽しませてくれます。

2023/3/26

狙いの 真鯛!! だと良かったのですが。

25㎝ぐらいの チャリコでした。

24日はお昼頃から16時まで

なかなか 良い型の黒鯛。 残念ながら年無しチヌとまでは行かず

後は ボラの猛攻撃。

2本も釣りあげると 腕がだるくなります。

日を改めて 26日は小雨の中 同じように16時ごろまで

フグとボラを相手にしつつ 2枚の釣果。

一匹目は針を吞んでいましたが、二匹目は写真の通りくちびるに辛うじてフック。

どちらも元気良くしっかりと竿を曲げ、楽しませてくれました。

2023/4/2

今日は高校野球甲子園の決勝戦を見てから。

いつものように マキエサをたっぷり撒いて30分後・・・

ウキの投入ポイントを決め 2投目に。

こんなことも珍しい。いつもなら1時間以上は辛抱するのに。

これはこれは 以前一度あった10匹コースか! と期待しつつ続けていると、ウキにあたりはあるもののすぐに放されるパターン。

エサは頭を取られたり、まるまる残っていたりでいろいろ工夫するもダメ。

気分を変えて遠投してみると、綺麗にウキが消し込む。合わせて竿のタメを活かして寄せてくる。

すんなりと寄ってくるが、底を切りにかかると重たい!

えェ? 大きい? と思った瞬間、一気に堤防のスリットへ。

道糸を十分に巻き取れていなかった為、竿で堪えようにも入られてしまいラインブレイク。

久しぶりに火が付き、日没まで頑張って

月を見ながら終了。

夜勤スタッフのフカセ釣り考察

夜勤スタッフのタックル

古いものですみません。使い勝手が良いもので。

竿は 1号480 道糸にナイロン2号を巻いてます。

玉ウキがたくさんあるので、チヌ釣りの時は 昼夜兼用アダプターでカン付ウキのようにして使ってます。

ハリスは1・7号をひとヒロと矢引。だいたい3メートルぐらい。

針はチヌ3号か、グレの7号辺りををよく使います。

こんな感じでのんびりとクーラーに腰を下ろしてやってます。

好きな時間帯は15時頃から日没まで。

夜勤スタッフ マキエサの組み合わせ

最近 お気に入りのエサはこんな感じ。

オキアミはボイルでなくてもいいのですが、サシエサにボイルを使いたいので、ボイル3キロLの中から大きめの物をサシエサに取り、残りを集魚材と混ぜます。

集魚効果を期待して爆寄せを半分。

潮の流れを見るために チヌの舞ホワイトを半分。

釣行時間はだいたい3時間ぐらいなので 2日分はあります。

クーラーボックスに入れて密封していれば2・3日は大丈夫です。

溶かしたものがない場合は

釣太郎でバッカンに海水とミックスを入れて釣り場へ。

着くころには集魚材と混ぜれるぐらいにはなってます。

釣り場に着くと仕掛けの準備をする前に、先ずマキエ撒き。

広範囲にばらまくように杓で5ハイぐらいを撒いては休み撒いては休みを3・4回。

エサの時間アピール。と 潮の流れチェック。

といった感じで頑張ってます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次