【休業予定】まとまった雨予報のため、6/20(木)18時~6/21(金)13時まで休業します。

オキアミの針の刺し方は、状況に応じて使い分けましょう。 頭部は魚の大好物。針先を忍ばせて掛かりやすくしましょう

オキアミは海老のような形をしたプランクトンです。

尾ハネは硬く、水流を受けやすいので、水中での違和感の元になります。

基本的には手でちぎって使いましょう。

目次

胴掛け

オキアミの尻尾から針を差し込み、針先を隠したまま頭部まで到達させます。

オキアミはの字に曲がるようになっているので、抵抗なく差しやすいです。

魚というのはオキアミの頭部を好んで食べるので、針先を頭部に収納しましょう。

掛かりが良くなります。

針の位置イメージ

背掛け

オキアミはお腹側にの字に曲がりますが、背中側には曲がりません。

針を背を中心で通してオキアミを刺すことで、エサのズレが軽減されます。

遠投でオキアミに負荷がかかりやすい、カゴ釣りでよく使われる付け方。

こちらも頭部に針先が来るようにしましょう。

腹抜き

針先をオキアミの腹から抜いています。

魚からは違和感がありますが、それでも食ってくるような状況で使用します。

例でいえば船のカツオ釣りや、目の前にエサが来ればすぐに食いつくガシラ釣りなど。

針先がモロに出ている分、掛かりはバツグンです。

抱き合わせ

オキアミを抱き合わせるようにして付ける方法。

シルエットが大きくなるので、アピール力抜群です。

船での完全フカセで使います。マダイやカツオ、ブリなどの大物に!

ムキミ

オキアミの頭部、尻尾、そして殻を除去した付け方。

厳冬期で食い渋ったメジナ(グレ)を釣る時に使用します。

本当に喰わないときの最終兵器です。

寒い時にオキアミの殻を剥いて針を刺すので、難易度が高いです。

手返しが恐ろしく悪いので、本当に喰わない時しか使いません。

匂い、食い込みは最強です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次