雨予報の為、臨時休業します。5/19(日)昼12時~翌日昼12時まで

釣った魚は美味しく食べよう! 鍋や塩焼き、刺身などのご紹介

目次

鍋料理

鍋料理は冬に食べたい料理ですね!

魚を使った鍋は、水炊きにすることが多いです。

使われる具材は、脂ののった青物系(ブリしゃぶなど)と、身のしっかりとした根魚系(クエ鍋やハタ鍋)が多いです。

魚の皮は火を通すとキュッと締まり、食感が良くなります。

皮引きはせずに、残したまま切りつけましょう。

あっさりとしたポン酢で食べると最高です。

一味やネギなどがあれば、より一層美味しくいただけます。

クエ鍋

アコウダイ鍋

ハタ鍋(アカハタ:オオモンハタ)

刺身(平造り、薄造り、炙り)

生で食べる普通のお造り、炙って食べる炙り刺しがあります。

更に、生の刺身にも平造りと薄造りがあります。

どんな刺身でも共通しているのが、3枚におろして、切りやすいように柵状に整えるという事。

皮を付けて炙りたい場合は、柵にした後に皮引きをせずにバーナーで焼きます。

シマアジの平造り

オオモンハタの薄造り

キンメダイの炙り刺し

塩焼き

魚の鱗と内臓を処理して、塩を効かせて焼きます。

魚本来の旨味を感じることが出来ます。

焼き過ぎると水分が飛んでパサパサ、焼きが甘いと半生でグニュッとした食感に・・・

工程は単純ですが、ベストな焼き加減を出すのが難しい、奥の深い料理です。

一番、魚の美味しさがはっきりとわかる料理だと思っています。

イマイチな魚の塩焼きは、やはりイマイチです。

カンパチの塩焼き

コガネスズメダイの塩焼き

キンメダイの塩焼き

キハダマグロのヒレの塩焼き

煮つけ

煮つけは、魚の味も出ますが、料理の腕前ではっきりと味が変わる料理です。

味付けが難しいですよね。

ネットにあるレシピにショウガを多めに入れておけば、割とどうにでもなる印象はありますが・・・(笑)

煮つけは、脂があって味の濃い魚の方がいいですね。

マダイやブリなら、柔らかく濃厚な味わい。

ハタやガシラの煮つけは、繊細で身詰りのいい食感を楽しむことが出来ます。

真鯛の煮つけ

ウッカリカサゴの煮つけ

太刀魚の煮つけ

揚げ料理 天ぷら フライ から揚げ

揚げ料理は白身の魚や、キスなどの水分量の多い魚が向いています。

食感がふわっとなり、軽い味わい位なります。

ハタ類をから揚げにすると、鶏肉のようなしっかりとした食感で美味しくなります。

太刀魚の天ぷら

キスの天ぷら

ハタのから揚げ(アカハタ、オオモンハタ)

アジフライ

その他の料理(南蛮漬けや潮汁など)

魚料理のメインどころは、刺身、塩焼き、煮つけ、揚げ物、鍋です。

魚によっては、それ以外の料理でもおいしくいただけるので、紹介していきたいと思います。

アジの南蛮漬け

シロアマダイの潮汁

シロアマダイの酒蒸し

アカハタの清蒸

アイゴの干物

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次