火曜日のお昼から水曜日の朝にかけては、まとまった雨になる見込みです。【臨時休業中・営業再開は24日昼12時より】

釣り人とは切っても切れないボラ。この魚はなぜ、こんなに臭い? ご質問に釣太郎がお答えいたします。

釣っても持って帰らない人も多いボラ。

よく引くので期待したのに、姿が見えた瞬間に「ガクッ」とした、経験をお持ちの人も多いのでは?(笑)

高水温の夏場は特にニオイがきつく、アミ入れした網を入念に、海で何回も洗う人もいるほど悪臭を漂わせます。

「なぜ、こんなにくさいのか?」と疑問に思う人もいるのでは?

これは生息域と食べ物が原因。

河口や排水溝付近に群れて泳いでいるを、見た事がある人も多いのでは?

もちろんこの周辺は水質が悪く、ヘドロ状態のところも少なくありませんが、プランクトンが豊富に流されてくるので、エサには困りません。

肉食でもあり雑食で、波止際や船底、ロープに生えている苔を盛んに食べて様子は定番シーン。

アイゴ(バリコ)の代表されるように、海藻を食べるものは匂うものが少なくありません。

沖で釣れるボラは臭みがない、という人も多いのですが、生息する場所により匂いは大幅に軽重されます。

悪臭は皮と内臓がほとんであり、身は気にすることはありません。

気になる方は塩もみを3回すれば、臭いは消え美味しく食べれます。

フライや味付けすれば、イメージとは違いウマイ魚です。

特に冬季の寒ボラは脂がのり、美味で食べる価値大なので、お試しください。

高級珍味カラスミはボラの卵巣です。

外道扱いされる魚ですが、養殖真鯛の技術が出来上がるまで、白身魚の刺身はこれが提供されていました。

昔は竹竿で、これを目的に釣りに行っていたのです。もちろん、おかずにするために。

釣り人に毛嫌いされるボラは、なぜ臭いのか?魚の質問にお答えします。釣太郎

ボラをさばいて、カラスミ用に卵巣を取り出す映像。

超海鮮高級珍味カラスミの元になるボラの生卵巣。

超海鮮高級珍味カラスミの元になるボラの生卵巣。釣太郎

口をパクパクしながら泳ぐ。

海面を泳いでいるイメージが強いボラですが、捕食時は中層どころか海底まで潜ります。

日ごろは海底にいる平目の、逆バージョンと考えてください。

魚は捕食の為なら、層は問わないようです。

海面まで浮上してサヨリに襲い掛かるヒラメ。

海藻を食んでいる様子。魚肉も好む雑食性が匂いのもとになっているという説も。

珍しい外道魚ボラの姿造り。夏場は臭いが、冬季は美味。珍しい外道魚ボラの姿造り。夏場は臭いが、冬季は美味。釣太郎ボラ姿づくり。余興で作ってみました。釣太郎

ボラの刺身。冬季は脂がのり美味な魚。

ボラの刺身。冬季は脂がのり美味な魚。釣太郎

釣り人には外道魚扱いされるボラ刺身。冬季が超美味。

釣り人には、外道魚扱いされるボラ刺身。冬季が超美味。釣太郎

ボラのへそ。

これを知っていれば通かも?

珍味で幽門部と言われる消化器官。下半分は匂いので切り捨てましょう。

鯔は塩もみ吸えば匂いは消えます。

ボラのへそ。珍味で有名。幽門部と言われる消化器官。下半分は匂いので切り捨てましょう。鯔は塩もみ吸えば匂いは消えます。釣太郎

下は、ぼら煮付け(左)と塩焼き(右)。

ボラの塩焼きと煮付け。調理料を加えれば、匂いが全くなくなります。釣太郎

匂いがある魚は、味付けしたり、油で揚げれば、全く気にならず、逆に追うくなるものが多い。

ボラ唐揚げ。

匂いがある魚は、味付けしたり、油で揚げれば、全く気にならず、逆に追うくなるものが多い。釣太郎

話題性があるボラの姿揚げ。

この料理は珍しい?

皿から、はみ出すボリューム。

珍料理、ボラの姿揚げ。油で揚げれば匂いが消えます。釣太郎

中学生が大ボラを、一人で釣り上げる映像。

田舎のちびっこは逞しい?

漁港内の鯔幼魚群れを網ですくう

春から秋にかけてタイドプール(潮溜まり)はぼら仔魚の巣窟

寒グレより断然おいしいボラの食べ方紹介。

ボラ=臭い、が定番イメージですが、調理方法次第では、匂いもなく非常においしい魚となります。

先ずは捌いてお刺身状態に。この時やや肉厚に個別に切ります。

そして塩で揉みます。これを3度繰り返すことで臭いは全くでません。

その後水分を切り、砂糖にヒタヒタになるくらいお酢をいれ、よくかき混ぜます。

そこにボラ刺身をいれ、1日冷蔵庫で寝かせて完成。

お醤油なしで、そのまま食べて下さい。

これは白浜店前喫茶ジャングルさんの秘宝料理。

1,2回失敗するかもしれないが、これは絶品、とのこと。

魚は色々食べたが、これよりうまいものはない、と。

夏場でも、この方法なら全く臭いはないそうです。

折角つったのなら、是非お試しください。

匂いが気になる方は、「漬け」なら間違いなし。確実に調理料になじみます。

匂いがある魚は、漬けが間違いなし。これなら美味しく食べれます。釣太郎

釣り人には不人気ですが、観賞用としては愛嬌があり、非常に個性的。

これ以上は無い飼育魚。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次