雨予報の為、臨時休業します。5/19(日)昼12時~翌日昼12時まで

青物ショアゲーム ラインと接続金具紹介

青物ロックショアゲームのタックルはシンプルです。

竿があって、リールがあり、PEラインにリーダーを

繋いで溶接リングにスプリットリングを付けるだけ。

ルアー交換はプライヤーでスプリットリングに繋ぎ替えるだけ。

目次

メインライン 【PEライン 】

青物釣りのタックルは人ぞれぞれですが、

ライトな青物、エギ竿の延長線での小物青物やライトショアジギ、スーパーライトショアジギなど様々です。

そのほとんどのメインラインはPEラインになるかと思います。

大まかな例を挙げると

18cmくらいまでのプラグや100g級のジグを投げるならPE4号は8000番から10000番のリール

これよりもちょっとライトな感じでリールは6000番クラスならPE3号 15cmくらいのプラグなら余裕

5000番リールならPE2.5号

4000番リールならPE2号

3000番リールなら1号~1.5号

PEラインは4本編みや8本編みなどがありますが、編み数の多い方が強度高くなり、値段も高くなります。

リーダー【フロロカーボン・ナイロンライン】

南紀の磯から青物を狙うなら60ポンドを基準にすればよいでしょう。

根がガチャガチャな場所や大物が出そうなら80ポンド、100ポンドを使います。

当店では60、80、100ポンドはナイロンラインも販売しております。

ライトショアジギなら40ポンドくらいまでで十分です。

接続金具【ソリッドリング スプリッドリング】

リーダーをソリッドリングに結び、ソリッドリングにスプリッドリングを取り付けて

ルアーのアイの部分にスプリッドリングを付けます。

青物ロックショアゲームでは一般的にスナップは使わずにスプリッドリングを使います。

ソリッドリング、いわゆる溶接リングは6番が一番の売れ筋です。少し小さめのプラグメインなら5番でも大丈夫でしょう。

ソリッドリングは5番か6番が青物アングラーには一番売れています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次