火曜日のお昼から水曜日の朝にかけては、まとまった雨になる見込みです。【臨時休業中・営業再開は24日昼12時より】

堤防から気軽に狙えるチヌ釣り場のご紹介

田辺湾一帯は非常にチヌが多い場所であり、サイズも大きい。

平均40cmクラスで春には年無しサイズの50cmオーバーも珍しくないです。

夏から秋にかけては、堤防の周りをチヌが群れで泳いでいるのをよく見かけます。

中には50cmサイズも混じります。

それではスタッフがこの場所はチヌ鉄板と思う釣り場をご紹介します。

目次

田辺市 三壷崎(への字堤防)

田辺市の磯間エリアにある三壷崎(さんこざき)と呼ばれる場所に

堤防があります。

この堤防が「ヘ」の字に曲がっているので、通称への字と呼ばれる場所です。

ここはとにかくチヌが多い。

フカセ釣りでも紀州釣りでも。

海底は砂地ベースで所々にシモリがあり、テトラや沈み根などがあり

非常に魚影が濃いです。

グレやアイゴ、マダイなども釣れます。

田辺市 江川漁港

江川漁港は車でそのまま入れる楽な釣り場です。

広い漁港なので、混雑することもなく、どの場所でもチヌが狙えます。

水深が4ヒロ~7ヒロあり、チヌだけでなく、グレやマダイ、コロダイなども狙えます。

晩秋から春にかけての北西風に強い釣り場でもあります。

白浜町 袋漁港

右側の堤防へは車が入れないので、

左側(沖側)のテトラがある堤防をオススメします。

水深は2ヒロ~3ヒロと浅い場所ですが、非常にチヌの魚影が濃い場所です。

釣り場は階段のような形で足場がよく釣りやすいです。

車が置けるスペースに限りがあるので、混雑することはありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次