火曜日のお昼から水曜日の朝にかけては、まとまった雨になる見込みです。【臨時休業中・営業再開は24日昼12時より】

和歌山南紀地方では、アオリイカは海水温度の上昇と共に北上します。

例年串本、すさみ方面から冬季は釣れ、海水温度の上昇と共に北上するアオリイカ。

基本的に、寒い時は深場に潜る傾向があります。

アオリイカに関わらず海の生物は、時期より「海水温度」が行動基準となっています。

産卵を意識した大型アオリイカは

2月下旬~ 串本

3月上旬~ すさみ町周辺

3月中旬~ 日置・笠甫・伊古木周辺

3月下旬~ 白浜 椿、富田、見草、袋

4月上旬~ 白浜臨海方面

4月中旬~ 田辺・みなべ

接岸が始まります。

最初の第一陣が大きなアオリイカが釣れることが多いです。

3月から4月にかけては、まだ海藻の茂りが激しくないため、ヤエン釣りが良し。

5月近くになると海藻が茂り、せっかく乗ったアオリイカが海藻に突っ込んで

取れないということも。

このような時は、ウキ釣りがおススメです。

海水温度はこちら

魚水は全て、当たり年、少ないシーズンがあるのも自然の性。

エサの活アジは常時、在庫十分に水槽に泳がせいます。

現地なのでヤエン、ウキ泳がせ仕掛け、ケミホタル等、どこよりも豊富に品ぞろえしております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次